「若い時の苦労は、金を払ってでも避けて通れ 」


by bubutaro1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
行きたくても行けないうどん屋、「観音寺・岩田屋」


営業時間が、朝の5:30〜10:00頃(麺がなくなり次第)

閉店時間が「朝の」10時。

・・・。
・・・。

これは「来るな。」と言うことですか? orz


今回は高松周辺でいろんな店を、と思っているので香川の西の果て、観音寺まで行ってしまうとソレはちょっとえらいことになってしまうと予想され。
せめて、こんな西の果てでなければ・・・



「西の果て・・・。あ。」

「ん?」

「この店、ひょっとしてほんまは岩田屋、と書いて、




 『ガンダーや』




 と読ませ 」

「ないっ。」



・・・ちぇ。

(何処かにあるユートピア)

***
古い京都市民は
「そいつぁ岩田だよー♪」
とツッコんでいただくのもよろしいかなと。
[PR]
# by bubutaro1 | 2007-03-29 14:48

06さぬきツアー余談


☆余談その1.

うどん屋の営業日・営業時間を「さぬきうどん全店制覇」の本で調べていたが

「定休日:なし」

と言う表記のあとに、




「都合の悪いときのみ」


と書いてある店はどう理解してよいものでしょうか。orz



☆余談その2. さぬきのよい子

高松に到着してすぐ、地元・宮脇書店で「コロコロコミック」を買ってもらったぶぶぞう。
本を抱えて車に戻ろうと道をてくてく歩いていると、
おんなじ年頃の男の子が寄って来て、

「あ、コロコロや!
 おれもなー、これ持ってるんぞ、
 ほら、これおんなしやろが。な。な。」

と讃岐弁バリバリでなんやらかたらと話しかけて来て
しまいに





「中身、教えたろか?」



いらん!


☆讃岐余談その3. みかん直売店

国道沿いにおいしそうなみかんを売る店があったので一時停車。

商品、どこにも値札がついてないので店のおっちゃんに
「すんませーん、これなんぼー」
と聞いたらば


「あ、もう100円でよろしわ。」






・・・おっさん、その「よろしわ」の根拠は何ぞ。(←讃岐弁)

ほとんど腐ってまっさかい、とかやったら少々高うてもまともなもんが欲しいんやけど、と思いつつついおっさんのイキオイに負けて100円で購入。
・・・フツーにうまいやん。

1個10円のみかんが口に合う体でよかった。



あ。

しまった、せっかく覚えた上級讃岐弁、

「なんでまんでがんでこんでえん?」
(どうして全部でたったこれだけでいいのですか)

使こたらよかったーーーーー


***

次回、「さぬきうどんこらしめの旅」は07年3月予定!

・・・こらしめられるのはこっちですけど。ええ。
[PR]
# by bubutaro1 | 2007-01-28 21:32

「池上」移転決定

今の店で営業されるのも19年1月までです。

新しい店舗は、現在地から車で約20分のところとか。
たいへん広い敷地です。
駐車場もどーんと増える予定。

予定地は

高松市香川町川東下字高須899−1



でも、あの店にもう一度行きたかったなあ。
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-12-14 14:53

b0043467_2242233.jpg


この画像は転載自由です。つか、どうぞして下さい。

マルヨシさんともいろいろもめているそうで・・・
「買い物すればいい」と言うわけではなく、現在スーパーには

「池上うどんへお越しの方の駐車はお断りします」

とはっきり看板も出ています。

ちなみに駐車場は、
「河川敷の駐車場へはマルヨシの前を西に向って一つ目の信号を左に曲がれば川沿いに出られます。
川沿いを走ってグランド?を横目に一つ目の河川へ降りるところをいけば空き地があります。お店へは一番奥が近いです。」とのこと。

バイクの方は、
「河川敷広場の一番下流側(池上に近い)と川に近いところは、砂が締まっておらず、スタックする可能性がありますのでご注意を。
また、駐輪時にはサイドスタンド下に石を咬ましておかないと、スタンドが砂に埋もれて転倒します。」

どうぞ、お気をつけて。(^^;



駐車が原因で閉めたお店も多いので、池上がそんなことにならないよう
ぜひとも協力したいと思います。
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-10-30 17:57

さぬきうどん妄想の旅

11/25に予定していた帝都入りが、延期(期日未定)になった。

一時は「ろりひょろろりひょろろりひょろ ろっぽっぽー♪」と
FOCUS(週刊誌じゃねえぞ)のホーカス・ポーカスが頭にこびりついて離れないほどに落ち込んだものの、持ち前の「倒れても前のめり・すっ転んでも前向きでGO!」精神で持ち直しました。
「準備期間が、増えたと思えば。」

遅くとも冬の間に再訪する予定なので、
「さぬきうどん・冬に食べたらおいしいシリーズ」
を計画、名著「恐るべきさぬきうどん」と、うどニスト必携「さぬきうどん全店制覇攻略本」を参考にプランを練る。

ちなみに、今回「冬に食べたら」ともうひとつ、隠しテーマ(隠すほどのもんやないか)があって、それは
「古きを訪ねる」。

さねきうどんの店は創業100年、つか「いつからやってるんやらわからん。」なんて店もけっこうあるので「江戸〜昭和初期創業」の店に重点を置いて選んでみました。

その結果、


一日目・土曜

・多恵寿うどん(丸亀)創業92年のかけうどん
はなや食堂(善通寺)創業明治中期のはなうどん
・もとやうどん店(善通寺)手打ち100余年のかけうどん
田中(綾南)昭和初期からのねぎみそうどんと牛スジ
・植田うどん(宇多津)創業大正時代の鍋焼きうどん
さらさや(琴平)江戸創業の冬限定きそば
橋本(多度津)大正初期創業のてんぷらうどん
麺工房六車(東かがわ)昭和元年創業の釜ぬきうどん
・井筒(高松)明治36年創業のかけうどん
こころ(高松)のかけうどん


・・・あかんやん。
なんぼなんでも全部は無理やん。9軒も。
せいぜいこの半分か? うーーーん。
古い店て、大抵が「日曜定休」なのがネックです。

気を取り直して、

二日目・日曜
小野うどん(三豊)明治43年創業のセルフかけうどん
本場かなくま餅福田(観音寺)創業明治中期の雑煮うどん
ヨコクラうどん(高松)創業不明のしょうゆうどん
わら家(高松)の釜揚げ
長田in香の香(善通寺)の釜揚げうどん

下の3軒は比較的新しい店ですが、冬の定番「釜揚げうどん」を語るに、わら家と長田ははずせないであろうと言うことでランクイン。
「こころ」は前回食べ損ねのリベンジ。

これ、もし全部回れたら悔いは無いが・・・死ぬぞ。orz
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-10-29 22:44
b0043467_034484.jpg















「味でこい」の店主に謝らねばなりません。


すんません。




なんでかと言うと、
今回唯一の新規開拓店「味でこい」の店主は、若いながらも知る人ぞ知る
「さぬきうどん王選手権」の優勝経験者、なんと
「麺を食べて、その粉の種類と配合を当てる」と言う
神業にも近い難問に正解した方でありまして。

・・・不遜にも私は「そんなん、粉や配合が分かるのとうまいうどんが打てるのとは別の問題やろ。」と思っていたわけです。はい。実際に自分でここのうどんを食べてみるまでは。

ま、たまたまとは言えせっかく前を通った事だし時間もあるし話のタネにひとつ食べてみるか、と軽ぅい気持ちで注文したら、出て来た麺はどっしりした中にも繊細な味わいのある・・・うーん、なんつーか、若くて斬新で迫力があって、これはまさに、

「さぬきうどんのHoobastank!!」

 (米の若手ハードロックバンド)

と意外なうまさにわけわからん事を言い出す始末。ダンナは納得してくれたが。

びしっと腰の入った元気な麺が好きな方には特におすすめです、
若いっていいなあ。

b0043467_042924.jpg














<追記>

大変残念ですが、「味でこい」は2006年8月に閉店されました。
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-08-28 00:10
b0043467_23512348.jpg












11号線と綾川に挟まれた林の中にひっそりたたずむ坂出の「やました」は、年代モンの釜と「薪」!でもってごんごん茹で上げられた麺がそりゃもう美味で。

・・・いや、うまいのは百も承知なんですが、さっき山越で2玉+赤坂で1玉食べている身にはちょっと辛い。
私は見学するだけにしておくが、「ここの麺が一番好きかも」と言う夫はかけ小とトッピングに「金時豆の天ぷら」をチョイス。


b0043467_2352267.jpg



















・・・しかし、煮豆を揚げるか。

いったい誰が考えるんだこんなもんと思うがこれがまた、意外だけどおいしいのよーーー、甘みの強い芋のてんぷら、みたいな味で。
(結局我慢出来ずに食べたわけですが。ええ、ダイエットは明日から)



b0043467_23524577.jpg

日の出製麺所は隣の作業場で麺が量産されているので品切れの心配はありませんが、営業時間が昼の1時間のみ。

いきいきツヤツヤの麺がわずか100円(小)。そら炎天下でも並ぶわな。



注文は「あつ・ひや・ぬる」の3種類。

「ぬる」ですよ「ぬる」。
別にぬめってる訳でも粘っている訳でもありません。

・・・食べてみたらほんとに「ぬる」かった

こういうチョイスがあるのも帝都讃岐ならではだなあと。(頭に浮かぶ「ぬる8つを頼む中国の皇帝は、」と言うダジャレはとりあえず封印)

店中に入ってしまえば「おかわり」も自由なので心ゆくまで食べられます。
もちろんネギはさぬきうどんの作法に則ってハサミ切り。
天かすやアゲもテーブルに並んでいるので、お好みでどうぞ。あ、天かすは「薬味」に入るので無料です。

ひやを食べたけどやっぱりぬくいのんも食べたいから次はかけをきつねで、なんてのも出来るのがありがたい。
(ちなみに山越だとおかわりは行列を並び直さないといけないので、注文はよく考えて)

b0043467_23532462.jpg
















でも店内すんごく混んでいるので、食ったらさっさと出るべし。

まあこのうどんで100円は高いと言う奴がいるとは思えませんが、お代は食後に自己申告制です。ちゃんと会計のおばちゃんが見ています。人間正直が第一。←こんなことやってる私が言うのもなんですが。
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-08-27 23:59
b0043467_14551622.jpg

「山越のうどんは食べたいけれど、何十分も行列して待つのはちょっと」
とお悩みの方に朗報です。
(私もそれがネックで3年辛抱した)

最近の山越は、空いている!

朝だけ、ですけど。

なんでも最近お店を広くしたのに加えて開店時間も早めになったので、あの殺人的な行列はかなり減少したもよう。

「それでも、11時頃になったらえらい人やけんどなー」

とは山越専用駐車場で交通整理をするおじさんの弁。
一応公式開店時間は「9時」となっているが、忙しい時は8時くらいから開けているそうで。狙うなら朝イチ、ですね。

私が到着したのは朝9時過ぎ、土曜ということもあってすでに駐車場は県内外の車であふれていたものの、行列していたのはほんの10人程度。
それも回転が速いのでわずか数分で「釜玉」を手に出来ました。これはもう、奇跡(おおげさ)。

広くきれいになった店の庭、通称「さくら広場」で3年振りの釜玉大とちくわのてんぷらを手にして喜んでいると、何やら人だかり。でかい集音マイクとカメラがあったので、どうやらテレビの取材らしい。

・・・よく見ると、団長がいた(さぬきうどんの起爆人、田尾和俊氏)。
b0043467_18164473.jpg

取材?の邪魔になってもいかんので陰からこっそり盗撮、になりましたがここにUPすることについては、ちゃんとご本人の了解をいただきました。ええ人やー。
(と言っておこう)


・・・山越に麺通団団長の組み合わせ、ちゅうとまあ「松に鶴」みたいなもん?
今回は、一発目から縁起がいいぞっ!

そのイキオイでもって2軒目・赤坂に突入。

b0043467_14595258.jpg


おばちゃんも相変わらず元気です(カラーひよこみたいになってますが)。
この店も、変わらんなあ。
相変わらずお会計のトレイは6Pチーズのフタやし。




b0043467_15131367.jpg
「ここはかまたま、ないの?」

さっき生まれて初めての釜玉を山越で体験して、突如釜玉に目覚めたぶぶぞうは、だしと醤油しかないメニューにやや物足りないようだが文句言うんじゃねえ。
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-07-25 15:15
b0043467_0534710.jpg














うどんは食えません。


さぬきうどん全店攻略本にも載ってない、最近出来た築50年(風)の店!
・・・そらセットやもんなあ。
某市内の某池そば讃岐富士を臨む立地に、ようこんなええ場所見つけたなー、と思わず感心。まわりの雰囲気がいいんだこれがまた。


万が一荒らされたりするとまずいので詳しい場所は明かせませんが、たいへんよく出来ているのでなんとか保存してもらえるといいなあ。
(今は立ち入り禁止になっているのでどうしても行ってみたい、と言う方は香川県観光局に陳情してみては)


追記:残念ながら現在は撤去されてしまったそうです。
詳細
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-07-24 12:03

香川町・うどん屋

b0043467_20113425.jpg

名前は、ない。

ガイドブックには「名前のないうどん屋」とか「名もないうどん屋」とか書かれている。
もちろん看板なんか何もない。
・・・商売する気(略

麺は柔らかいのと固いの2種類あって、使こてる粉が違うそうな。
わたしはやわらかめのあついのに手作り半熟玉子天、おいしかったーーー。
これで、

「ご注文はひとり1玉以上でお願いします。」
「マナーの悪い方はご遠慮願います。」

とか書かれたはり紙がなかったらもっとよかったんやけどなあ・・・どうも、こういう事言われると緊張するのよね。
まあ中にはとんでもない奴もいるだろうから、客商売も大変なんだろうなあ。

**
後日「うどん小」はメニューから消えたそうです。
一見さんがグループで来て小ひとつだけ、なんて注文が増えるわ混雑して地元の人がお昼食べに来られないわで商売上がったり、だったらしい。うーむ

<追記>
07年2月に移転されました。
場所は 高松市香西東町394−1

HPもあります。
http://www.k4.dion.ne.jp/~namonai/
[PR]
# by bubutaro1 | 2006-05-09 20:13