「若い時の苦労は、金を払ってでも避けて通れ 」


by bubutaro1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

綾南町・いなか

b0043467_2093072.jpg
このお店の写真は、あの「さぬきうどん全店制覇攻略本」にも載っていません。
(探すときの参考になれば)

・・・つか、どう見ても普通の民家ですが。

車で前を通っても「玄関開けっ放しの不用心な家」にしか見えません。




b0043467_2095260.jpg
一応店の横(空き地)にこういう看板も置いてありますが・・・
せめて、道路に面して置いてくれ。
商売する気(略

でも、看板出さなくても営業していられるのがうまい店の証拠。
おじさんが打つ麺はしなやかに、お口の中で跳ねるぴちぴちタイプ。
うどんの大・小だけでおでんや天麩羅はありませんが、醤油だけでじゅうぶん、うまいっ。

御夫婦ふたりで切り盛りされているテーブルひとつの小さな店ですが、
土間と釜はなかなかの年代モノ。必見。
ええなぁー、たまらんなー、と夫婦で話していると人なつこいおばちゃんが


「いやあ、こんなん古いだけやのに、恥ずかしいわあ(笑)」



b0043467_20102322.jpg
この古さがええんやあー、
ずっとこのままいて欲しいなあ。
[PR]
by bubutaro1 | 2005-04-13 20:12

余談

嘘屋で「100人カン蹴り」みたいなオフをしよう、と言う計画がもちあがり。
都内に「オフ会場の店の名前だけ」を知る者と「店の場所だけ」を知る者の2人を放ち、それぞれを見つけだしヒントを貰ってオフ会場に終結、とまあエリアの広いかくれんぼ、のようなものらしい。

これが都内でなく大阪だったらぜひとも参加したいところですが。
いや、いっそ香川県でやってくれんかな。


「・・・私は今、川のそばでうどんを食べています。」わんわんわんっ
「むうっ、『赤坂』だ、行けっ」

「・・・私は今、川のそばでうどんを食べています。」にゃーにゃーにゃー
「飯山の『なかむら』だ、急げ!」

「・・・私は今、川のそばでうどんを食べています。あっ鯉が跳ねた」
「池内だぁーーーっ!」




オチは特にありませんが、教訓。

「おいしいうどん屋は川のそば」(山越なんか店に井戸湧いてるもんな)




・・・教訓ちゃうやん。
[PR]
by bubutaro1 | 2005-04-02 15:49